口臭を消して爽やかな吐息になる10スタイル

口臭と歯周病の関係


口臭と歯周病の関係は、密接です。

歯周病は、口臭の中でも最も臭いが強く、原因のほとんどを占めているほどですので、予防や対策が必要です。

自分が気づかなくても、周囲の人は気づいているケースがあり、顔を背けたくなるようになることも珍しくありません。

歯周病を治していけば、口臭が改善されていくので、普段から出来ることを徹底して行うのが理想的です。

自分でできる歯周病対策

まず、自分で行えることは歯磨きを丁寧にすることです。

歯磨き剤を選ぶ際にも、殺菌効果の高いものを選べば、細菌の増殖を効果的に防ぐことが出来ます。

歯と歯の隙間や歯茎の周辺に口臭の元になる汚れが残ってしまうので、歯ブラシだけではなくデンタルフロスや歯間ブラシを使うようにするときれいに出来ます。

また、洗口液も使うようにすれば、細菌の増殖を防ぐことが出来ます。

そして、歯科で行ってもらうことは、定期的な歯垢の除去です。

丁寧に歯磨きをしていても、どうしても落としきれない歯垢があるので、定期的に落としてもらうのが効果的です。

歯周ポケットが深くなってしまうと、歯周病菌がそこへたまりだし、膿が出てしまい口臭を強めてしまう関係となってしまいます。

このように、歯周病と口臭は密接な関係があるので、普段から自分で出来ること、歯科でしてもらうことを継続的に行うようにすれば、改善や軽減が目指せます。

すっきりとしている状態であれば、人と話す際にも抵抗感も減らせるようになるでしょう。

口臭はデリケートな問題ですが、こうした対策を行い歯周病を悪化させないようにすれば、口臭の改善や軽減は出来るようになります。

毎日の口腔ケアを見直してみて、自分なりに合っている歯磨き方法やグッズを活用していきましょう。

関連記事

  1. 胃からくる口臭対策に胃腸薬は効くの?
  2. 虫歯で口臭がひどくなるので毎日のケアを大切に
  3. 口臭がのどからきている場合を考える
  4. 胃からくる口臭の対策

トラックバックURL

http://10sta.info/oralsmell-periodontal-disease.html/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です